症例紹介

セキセイインコのペローシス

症例はセキセイインコです。生後まもなくから足が開脚状態で起立歩行ができず、うつぶせで動けない状態です。
原因として、遺伝性や、栄養不足等が考えられます。
 
 
  
来院時。開脚状態で腹ばいになり、動けません。


 
 
 

治療として、テーピングを実施しました。


 
 
 

テーピング10日後。姿勢の改善が認められます。

 
 
 

テーピング2週間後。少しずつですが、歩けるようになりました。

犬の椎間板ヘルニア手術

今回の症例はシーズーとミニチュアダックスフントのミックスのワンちゃんです。
症状は左右後肢の麻痺、起立、歩行不可、深部痛覚消失、自力排尿不可の状態でした。
MRI検査を実施したところ、第2腰椎の椎体上で、左腹側から脊髄圧迫所見を認め、椎体中央で圧迫は最も強く認められました。圧迫物質は、第1~2椎間から第2~3椎間に変位し、第2~3椎間からの椎間板の脱出を疑いました。
 
 
 

来院時。後肢が動かず、起立ができません

 
 
 

MRI検査では第2腰椎と第3腰椎の間に重度の圧迫病変を認めました。

 
 
 

手術は側椎弓切除術です。
麻酔後、うつ伏せにし、背中の毛刈り、消毒を行ないます。

開始時

 
 
 

筋肉を剥離し、椎弓を露出。

 
 
 

ラウンドバーにて椎弓を削ります。

 
 
 

脊髄が露出しています。

 
 
 

摘出した椎間板物質。

 
 
 

手術風景

 
 
 

術後トレッドミル実施。この段階ではまだ後肢は動かせていません。

 
 
 

手術後約2ヶ月経過。順調に改善しました。

オス猫の排尿困難に対する会陰尿道瘻形成術

猫は排尿障害を起こしやすく、特に雄猫は重症化すると尿道が狭くなり、自力での排尿が困難になることがあります。そうのような症例に対して、会陰尿道瘻形成術という手術を行ない、自力排尿が可能になる方法があります。
今回のネコちゃんも尿石症由来の膀胱炎から尿道狭窄を起こし、手術の適応となりました。

まず、うつぶせに寝かせ、術野の毛刈り、消毒を実施、肛門に巾着縫合

包皮周囲の切開

尿道を周囲組織から剥離

陰茎後引筋の切除

尿道の幅を十分に確保するために、尿道球腺を少し超えた先の骨盤尿道の筋まで尿道切開を実施

広げた尿道粘膜を周囲皮膚と縫合

術後所見

このあと、尿カテーテルを留置し、ネコちゃんが傷を舐めないように。気をつけます。

術後1ヶ月後の所見
傷はすっかり目立たなく、きれいになりました。排尿も順調です。

モルモットの膀胱結石

血尿を主訴とし、レントゲン検査にて膀胱内の結石を認め、手術を行ないました。

術前風景
手術前酸素化。呼吸、温度管理に細心の注意をはらいます。

膀胱切開、結石を摘出、膀胱内洗浄後縫合

摘出した結石、及び縫合部

術後の回復も良く、排尿も改善しました。

犬の股関節脱臼

ソファに上がった際悲鳴を上げ、以後左後肢挙上、跛行を主訴に来院しました。
レントゲン検査にて左の股関節脱臼を認め、大腿骨頭切除術を実施しました。

術中写真。大腿骨頭を露出したところ。

手術前後のレントゲン写真。左が術前、右が術後。

術後3日後。順調に歩行しております。

チンチラの骨折

チンチラの左後肢の骨折です。

注射針をピンニング材料とし、整復術を行ないました。

術後写真

その後順調に回復、歩行可となりました。