アリスどうぶつクリニック
〜外科・整形外科・眼科・バードクリニック〜
04-2963-7457
ホーム アクセス・診療時間 担当医スケジュール 求人情報 サイトマップ
ノミ・ダニ予防
ノミ・ダニ予防
かゆいだけではありません!ノミの被害。そしてマダニの被害
あなたの愛犬・愛猫の健康に、重大な問題をひきおこす恐れが・・・。
激しいかゆみで精神敵なストレスを与えるノミの被害。子犬や仔猫の場合、大量に寄生されると貧血をおこす危険性もあります。マダニの被害も、貧血や皮膚炎などにとどまりません。犬バベシア症などの恐ろしい病気をひきおこす原因にもなります。
ぜひ知ってほしい!ノミはこんな怖い生き物
知らない間にどんどん増える、恐怖のノミの繁殖!
ノミ画像 犬や猫に寄生したノミの成虫は、24〜48時間後にその体の上で卵を産みます。
卵は体から落下して、ペットの寝床やカーペット、畳などでふ化。成虫となり、
再びペットに寄生します。そしてその成虫がまた卵を産み落とし・・・。
これが何度もくり返されるのです。
「我が家にかぎって」と思っていませんか?
室内で飼っているペットにも、
危険が迫っています。
油断していると、とりかえしの
つかないことに。
うちの子は室内で飼っているからといって、
安心してはいけません。近所に散歩させた
だけで、ノミが寄生してしまうことも。
また、人間が外から持ち帰って
しまうこともあります。
ノミは知らない間に
忍び寄ってきてい
るのです。
たった数匹のノミでも、ふ化をくり返しながらどんどん繁殖し、いつのまにかノミだらけという事態になる恐れも。ノミのライフサイクルが 循環するには、
室温が13℃もあれば充分。
ノミにとって日本の家は
一年中天国のような
居心地なのです。
ぜひ知ってほしい!マダニはこんな怖い生き物
寄生と吸血により、恐ろしい病気の原因になるマダニ。
ダニ画像 その危険性は、吸血開始から48時間以降に高まります。吸血すると、
雌成 ダニは吸血前の体重に比べ、100倍にもなるといわれています。
吸血と同時に、様々な恐ろしい病気を運びます。
散歩のときが、注意のとき。 散歩から帰ったら、マダニをチェック。
やぶや草むらに生息するマダニは、ペットの
散歩のときに寄生する機会を狙っています。
都会の公園や川原などもマダニ
の生息地帯。少しでも緑が多い
場所に近づくときには、マダニに
注意してください。
特に頭や耳、目の縁やお腹、足の指の間や
背中などをチェックしてあげてください。
もし、マダニを発見しても、
決して無理にとろうとしては
いけません。化膿したり、
病原体をペットにうつしたり
するので、見つけたら
すぐに動物病院へ。
ノミの寄生、気づいてますか。
チェックシートをお試しください
・外で遊ぶことが多い。 ・季節の変わり目でもないのに、
 やたらと毛が抜ける。
・皮膚に湿疹がでている ・首やお腹に、砂粒のような
 モノが ついている。
・カラダを掻きむしったり、
 噛んだりしている。
お早めに動物病院にご相談ください
定期的な予防が大切です。
「1回ノミを駆除してしまえば、もう安心!」と思っていませんか。
ペットにノミがいなくなっても、まだ卵や幼虫が潜んでいることも。
ノミを駆除したあとも、ペットの生活環境に卵や幼虫などといった未成熟期のノミが はびこっている場合があります。また、散歩の際に新たなノミに寄生されてしまう場合も。 だから、たとえノミがいなくなったとしても、継続して予防しつづけることが大切なのです。
----------------------------------------------------------------------
※上記の写真・文章は、ノミ・ダニ予防の「フロントライン」リーフレットより引用しております。
HPアドレス : http://www.merialclub.jp/
----------------------------------------------------------------------
このページの先頭へ
どうぶつ統合医療センター 会員サービス ケアクラブ
ホーム | リンク | 求人 | サイトマップ | 個人情報保護ポリシー
〒358-0011
埼玉県入間市大字下藤沢442-10
TEL : 04-2963-7457
Copyright@Alice Animal Hospital All Rights Reserved.