アリスどうぶつクリニック
〜外科・整形外科・眼科・バードクリニック〜
04-2963-7457
ホーム アクセス・診療時間 担当医スケジュール 求人情報 サイトマップ
眼科
当院は眼科検査に力を入れております。動物の高齢化や遺伝的な問題等により、目の疾患は増えてきています。 目の疾患は初期段階では大きな症状を示さないことがあり、気付いた時にはかなり進行していることも多く認められます。 ぜひ定期的な検査を行って頂き、少しでも様子に変化が認められれば早めに受診していただくことをお勧めします。
 
主な目の検査法
検眼鏡検査

フルオレセイン検査
角膜表面の傷の有無を見る検査
写真はフルオレセイン検査で 染色された角膜の傷です。
フルオレセイン検査
眼圧検査
ぶどう膜炎の検査

トノペン(眼圧測定器)
白内障検査
散瞳剤にて瞳孔を開かせ、水晶体全体を観察します。
眼底検査
瞳孔から眼球内の網膜、視神経乳頭等を確認します。
眼底カメラ
眼底カメラ
 
 
当院にて可能な主な手術、及び処置
● 瞬幕被覆術
● 目が濁って見える
● 目やにが出やすい
● 白目の部分が赤い
● 5歳以上
● 眼をしょぼつかせる
● 眼をこする時がある
※純血種のワンちゃん、ネコちゃん、ウサギさんたちは若い年齢でも眼の疾患が認められることがあります。
 
当院にて可能な主な手術、及び処置
● チェリーアイ
わんちゃんに多く、眼の内側の瞬膜が外転して露出した状態となります。

チェリーアイ写真1
チェリーアイ(眼の内側に赤い突出物が確認できます)
手術では脱出した瞬膜腺を内側に戻し、元の位置に縫いつけます。脱出した瞬膜を切除すると涙の量が少なくなり、ドライアイになる事があるため、危険です。
チェリーアイ チェリーアイ
写真2
チェリーアイ整復手術
写真3
チェリーアイ手術後
 
● 眼瞼部腫瘤
まぶたにできる腫瘤は大きくなると手術後にまぶたの変形をおこすことがあります。まぶたの長さのさ3分の1までが理想です。
下眼瞼にできた腫瘤 術後写真
写真1
下眼瞼にできた腫瘤
写真2
術後写真
 
● その他
○ 瞬幕被覆術
○ 結膜被弁術
○ 緑内障毛様体レーザー凝固術
○ 逆さ睫毛レーザー脱毛
○ 眼球摘出等
 
※白内障手術は現在当院では行っておりませんが、専門病院のご紹介ができます。
(えじま動物病院 http://www.ejima-ah.jp/
当院からの無料送迎も致します。
 
総合医療科 眼科治療
当院は眼科の治療に力を入れております。各種眼科の器械を揃えて副院長はじめ、 スタツフも常に眼科の研修に参加し、一般的な眼の病気と眼科疾患の予防にも力を入れております。
イヌ、ネコのみではなく、トリ、ウサギなどのエキゾチック動物の眼科診療もいたします。
白内障の手術やより高度の治療が必要な場合は、眼科専門医である江嶋先生を御紹介いたします。
江嶋先生は元日本獣医生命科学大学の外科学教室の助教授で、 日本の獣医眼科専門のパイオニアで素晴らしい先生です。・・・・江嶋先生のHPはこちら
 
もう少し、動物の目に関心をもちましょう!
私達は、診察で最初に見るのは動物の目です。元気か体調が悪いかは、 目が言葉を話せない動物が知らせてくれます。日頃より、目に関心をもちましょう!
家族の一員となった日から、1日に1回はしっかりと目をみてください。 生まれつきの目の病気も多く、まずは、子供の時期にジュニア眼科健診をおすすめします。 イヌ種類によっては、生まれつき目のトラブルを多く持っている場合もあります。
シニアは白内障やドライアイなども始まる時期です。これらの病気も早期発見により、 進行を遅らせることも可能ですので、シニア眼科健診をお勧めします。
「目やにがでる、目が赤い、しょぼしょぼしている、 目のまわりの毛が汚れている」ということをそのままにしておりませんか? 様子を見ないでくださいね! すぐに来院して、まずは相談をしてください。目の病気は体内の病気や腫瘍が原因のこともあり、 時には手遅れのこともあります。
 
動物の眼の検査を紹介しましょう!
眼科健診はどのようなことをするの?
眼科健診は、問診、診察後に眼の検査をします。まず、外見的な異常を確認します。
目やに、充血、涙やけなど外よりの診察で確認できる場合もあります。
眼圧の検査は、健康時にも測っておきましょう。

涙の量を測る検査があります。 パグやシーズー、ボストンテリア等の短頭種や加齢により涙の量が不足してきますと、 角膜炎など多くの眼のトラブルを起こす場合があります。
ドライアイの状態となります。人も最近多く御存知の方も多いと思います。
涙管のトラブルが考えらえる場合は、フローレスという蛍光色素を用いた検査をします。 眼にフローレスの液体を1滴落とし、眼から鼻の鼻孔までの涙管が詰まっているかどうかを検査します。 小型犬には涙管閉塞が多く認められます。特に、目頭が汚れている場合は早めの検査をしましょう。

次にスリットという眼科の器械を使い、眼瞼、まつげ、結膜、球結膜(白眼の部分)、 角膜の表面、虹彩の状態等を検査します。
角膜の潰瘍などは、フローレスという蛍光色素で染めて確認いたします。
これらの検査で異常がありましたら、さらに細かい検査を行ないます。

白内障を含めて、さらに眼の奥の検査では、瞳孔を目薬により広げて水晶体の状態の検査を行ないます。 シニアの眼科健診では、必ず検査をいたしましよう。さらに眼底の検査は、眼底カメラで検査いたします。
眼科検査は、全て眼科専用器機で専用の部屋で行います。動物に痛みも与えず検査が可能です。

眼科健診の結果は、担当獣医師が丁寧に説明いたします。検査結果により、治療や日常のケアーの方法、 今後の治療について御相談いたします。また、犬種による眼の病気、眼の病気の予防についても相談いたします。
 
眼科健診メニュー
ジュニア眼科健診 0才〜3才
動物は種類により、眼の異常や病気は多く気がついたときには進行している場合も多くあります。 先天的な眼の病気、逆さマツゲ、涙管閉塞、結膜炎、角膜の異常等の眼の病気は早めの検査で確認ができます。
シニア眼科健診 4才〜10才
目の全体の検査が可能です。そろそろ白内障の始まる年齢です。
ジュニア眼科健診に前眼房検査、涙量検査、涙腺疎通検査、スリットによる角膜検査、 フローレス検査、白内障検査、眼底検査、眼圧検査が追加されます。
1年に1回は検査しましょう。
シルバー眼科健診 10才〜
シニア眼科健診にさらに詳しい眼科検査が追加されます。
1年に2回は検査しましょう。
 
眼科健診は予約で行なっておりますので、お電話でも可能です。
動物ドッグと一緒に検査も可能です。
 
このページの先頭へ
 
どうぶつ統合医療センター 会員サービス ケアクラブ
ホーム | リンク | 求人 | サイトマップ | 個人情報保護ポリシー
〒358-0011
埼玉県入間市大字下藤沢442-10
TEL : 04-2963-7457
Copyright@Alice Animal Hospital All Rights Reserved.