アリスどうぶつクリニック
〜外科・整形外科・眼科・バードクリニック〜
04-2963-7457
ホーム アクセス・診療時間 担当医スケジュール 求人情報 サイトマップ
循環器科
 
ペットの高齢化、純血種の増加、小型犬の増加に伴い、心臓疾患が増えております。心疾患は初期段階では症状はあまり認められず、症状が認められるときにはかなり悪化していることも多い病気です。当院では、心疾患の早期発見は非常に重要であると考えております。そのために心臓の超音波検査は心疾患を初期段階から発見するために非常に有効です。
心臓検査は心臓疾患の専門医による指導のもと、現在では全獣医師が必要な検査を行うことが可能です。
                                     → 統合医療 「心疾患」へ
 
僧帽弁閉鎖不全症
主に老齢の小型犬に多く、犬の心疾患の約3分の2はこの疾患が占めています。
初期では目立った症状は認められませんが、進行すると元気や食欲が低下し、重度の咳や呼吸困難等を引き起こします。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、マルチーズ、ヨークシャー・テリア、シーズーなどに多く見られます。加齢にともなって発症しやすい傾向にあり、早い場合には5〜6歳で症状が現れることもあります。
○早期の発見・治療が重要!
この病気は早期の発見・及び治療がとても重要です。超音波検査は無症状の段階からでも病気を発見できます。この疾患にかかりやすいといわれているワンちゃんは、定期的な心臓検査をお勧めいたします。
○現在、この病気を持っているワンちゃんへ
この病気は進行性であり、徐々に症状が悪化することがありますが、様々な種類のお薬があり、今持っている症状を軽くさせてあげることは可能です。この病気でお困りの方はご相談ください。
心臓検査はどんなことを行うの?
超音波検査機
  1. レントゲン検査:心臓の大きさ、形、気管の位置、肺の状態などを確認します。
    ※当院のレントゲンはデジタルレントゲンを使用しており、高精細な画像での診察を行えます。
  2. 心電図検査:心臓の機能低下による不整脈等の問題が起こっていないか確認します。
  3. 超音波検査:レントゲン検査ではわからない、心臓の内部、弁の形や動き方、血液の逆流所見の有無、心臓の収縮力、心房や心室の大きさなどをしらべ、心臓が今どの様に動いているのかを確認します。
心電図
このページの先頭へ
 
どうぶつ統合医療センター 会員サービス ケアクラブ
ホーム | リンク | 求人 | サイトマップ | 個人情報保護ポリシー
〒358-0011
埼玉県入間市大字下藤沢442-10
TEL : 04-2963-7457
Copyright@Alice Animal Hospital All Rights Reserved.