アクセス・診療時間
tel 04-2963-7457
診療時間

オゾン療法

オゾン療法は安全で、副作用も少なく、動物に負担をかけない治療方法です。
オゾン療法はがんの治療では高濃度ビタミンC点滴療法や西洋医療とも併用出来て相乗効果が期待出来ます。
人の医療でも注目されている治療法で1万の文献がある先進医療です。作用がビタミンC点滴と似ており、抗がん効果が期待できます。

効果が期待できる疾患

オゾン療法は人では難治性といわれている疾患に対して有効性が報告されています。
がん、アトピー、各種皮膚病、椎間板疾患、関節炎、腎不全、眼疾患、消化器疾患、心臓血管系、呼吸器疾患、外傷、肝機能障害、内分泌傷害、自己免疫疾患、泌尿生殖器疾患、慢性疾患、口腔疾患、歯科領域に有用とされております。

人のオゾン療法では

がん治療とオゾン療法が有効とされています(末期の患者は禁忌です)。

  • 腫瘍の血流改善
  • 全身の代謝改善
  • 抗酸化能の改善
  • 免疫系の強化
  • 神経内分泌活性化(QOL)
※腫瘍部は低酸素状態ですので、オゾン療法は有用です。

さらに人では

がん治療とオゾン療法が有効とされています(末期の患者は禁忌です)。

  • ウイルス感染(HIV,HBV,HCH,HPV)
  • 虚血性疾患(DM,脳、心、下肢)
  • 網膜変性疾患(緑内障、視神経炎、DM性)
  • 神経変性疾患(パーキンソン、アルツハイマー、痴呆症、ALS)
※自己免疫性疾患に期待されております。

オゾン療法の歴史

オゾン療法は1923年に世界で初めて日本でオゾン発生器が発明されました。
ヨーロッパではドイツを中心にオーストリア、スイス、イタリアで、さらにはロシア、キューバ、イスラエルなどで、最近では英国でも行なわれております。
過去30年以上、ヨーロッパ、米国では獣医師がオゾン療法を使用しています。
ドイツ、イタリアでは健康保険適応(人)であり、年間100万人も受けている療法です。

オゾン療法の方法

① 自家血療法
② 注腸法
③ 皮下注射法
 等があります。
動物では酸素混合ガス注腸法 (RIS )という肛門より細いカテーテルを入れて行なう注腸方法が多く使用されております。
RISは、実施が容易であり、痛みがなく、費用もかかりません。
一般的には1週間に2〜3回1ケ月間実施し、その後は症状にあわせて回数を決めていきます。

◎当院ではがん治療の場合はまず、最初にオゾン療法を行ない、その後に高濃度ビタミンC点滴療法、ウクライン療法を半日入院で実施しております。

  • アリスどうぶつクリニックどうぶつ統合医療センター
  • 当院の手術について
  • 癌外来
  • トリミング
診療対象動物

犬・猫

ウサギ、フェレット、ハムスター、ハリ ネズミ、リスなどのエキゾチックペット

※その他、お気軽にご相談ください。

求人情報